旅行を安く快適にする為に│得旅サポーター

配達に利用する

女性がガッツポーズ

急な配達が必要な時には

会社を運営する上では、急な納品が必要になる場合があります。翌日の朝には到着が必要になる、といった場面も長く経営していると、数年に一度は起こりえます。そんなときには、なじみの運送会社でいつでも対応できるとは限りません。となれば、自社で荷物を運ぶことが必要になるわけです。そういった時のために輸送用の車を保持しておくことは効率も悪くなるので、レンタカーの利用が便利です。レンタカーは小型トラックタイプやバンタイプの荷物の輸送に適した車でも、24時間で1万5千円程度までで利用することができます。さらに、到着地の営業所で乗り捨てもできることから、夜中じゅう走って電車で寝て戻ってくるということもできてしまうのです。

レンタカーのメリットとは

レンタカーは使用したい時だけ、利用できるという利点があります。車を所有すると、必ず発生するのが維持費です。購入することはもとより、毎年の保険、2年に一回訪れる車検、オイル、タイヤなど、乗らなくとも諸費用が発生する仕組みになっています。これがレンタカーであれば、普段使用しないときのことは、まったく関係がなくなり、その使用の時だけの金額でよくなるわけです。もちろん、この金額が高額となれば利用価値は少なくなりますが、コンパクトカーで一日8千円という価格を考えれば、タクシー料金と比較しても、明らかにメリットがあります。会員になれば、よりお得に利用できる特典もあることから、レンタカーの存在価値はますます高まってきています。